6日目。ポテトの骸を苗床とし・・・・

d0072172_0462711.jpg


 6日目です。4日目でカビが生えてしまったマクオはどうなったのか。そして、乾太や潤太郎はいったい?!では、早速マクオの現状から見ていただきましょう。



d0072172_0464323.jpg

腐 海 に 没 し た 。


 これはもうダメかもわからんね。すっかり白いカビに覆われてしまいました。一方、同じ皿に載せられた乾太と潤太郎はというと、今のところ目立ってカビが生えている様子はありません。

しかし、

ここで思わぬ伏兵が現れました・・・。



d0072172_0465852.jpg

ビン入り潤太郎がカビた_| ̄|○

 うっすら白いカビが生えていました。見たとき、なんでやねん!っと普通に突っ込んでしまいました。ホントにね、なんでやねん!ですよ。マクオがとっととカビる、でもケイジフライポテトの乾太と潤太郎は一向にカビないというストーリーを想定していたわけですが、すっかり狂ってしまいました。おまえがカビるな、潤太郎。


 もう、僕にもどうなるか判らなくなってきたフライドポテトカビレース、明日も続きます。よろしくお願いします。


と、ここで昨日の続きで「2.検証状態の衛生環境。」について書いてみました。

2.検証状態の衛生環境。
 僕の行っている検証では、ビンは条件を揃えるために3本ともオーブンで焼いて殺菌しました。皿の方は殺菌していません。皿もビンも、ポテトを入れるときは同時にし、検証状態の衛生環境は同じになる様にしています(厳密には差はあるだろうけど)。

 スパーロックの実験では、ガラスのジャーに各種食べ物を入れる時の条件を示していません。例えばマックフライポテトの容器だけ殺菌して他の容器は殺菌しないなど、いくらでも結果をコントロールする方法はあります。


というわけで、あまりあの「実験」は信用できないと思いますがどうでしょうか。


つづく。
[PR]
by potato60days | 2006-06-11 00:47 | 検証1週間目。
<< 7日目。もうだめだ、ここまで菌糸が! 5日目。カビ、絶賛拡大中。 >>