7日目。もうだめだ、ここまで菌糸が!

d0072172_22105225.jpg

 7日目。マックフライポテトはすっかりカビの塊です。スパーロックさん、日本マクドナルドのマックフライポテトはちゃんと腐りましたけど、どうなんでしょうか?どうしたら10週間もカビないで置いておけるんですかね。どうやって処理したのか教えて下さい。

d0072172_22112212.jpg

 で、ケイジフライポテトウェットの潤太郎も相当ヤバイ事になってきました。ああ、ごめんよ潤太郎。乾太は流石、水分が少ないだけあってまだ健在です。まだまだいけそうです。

d0072172_22115472.jpg


では、今日は「3.ポテトに含まれる水分量。」について書いてみました。

3.ポテトに含まれる水分量。
 カビは水分が多ければ生えやすいというのは子供でも知っています。風呂場やキッチンがカビやすいのは湿気のせいです。スパーロックの実験で「普通の店のポテト」として用意されたのはカットが太い、いかにも水分を多く含んでいそうなフライドポテトでした。これはカビが生えても仕方ないといえるでしょう。

 スパーロックの実験では、ガラスの容器にポテトを落としたときの音が非常に乾いた音でした。あの音から推測するに、例えば電子レンジで加熱して水分を飛ばしてしまった事も考えられます。その状態ではもうポテトチップスと同じような物ですから、10週間カビが生えなくてもおかしくないと思います。

 つまり、ポテトの水分量次第で、結果はいくらでもコントロールできると言う事です。これを実験と言うのはいささか乱暴だと思いますがどうでしょうか。

今日は以上です。
[PR]
by potato60days | 2006-06-11 22:12 | 検証1週間目。
<< 8日目。食欲失せる。 6日目。ポテトの骸を苗床とし・・・・ >>