73日目。もう終わりにしよう。

d0072172_1265481.jpg


 すっかり間が開いてしまった。いつの間にか10週目、70日目を超えて73日目という体たらくである。もはや各ポテトに変化は見られない。適当にカビが生え、適当に終了している。もう、終わっているのだ。

d0072172_1271170.jpg

 最初にカビが生えた皿盛りのマックフライポテトはすっかり別の何かになってしまった。他のポテトもカビに被われたが、およそマックフライポテトのカビが移った物と考えられる。

 マックフライポテトはちゃんとカビが生えた。腐った。他のポテトも遅れて腐った。特にマックフライポテトの反応が違った感じはなく、乾燥の度合いに応じて同じように腐った。

マックフライポテトが腐らないなんてのは、嘘だ。

 スパーロックの実験は、そもそも条件が示されていないのでいくらでも細工が効く。マックフライポテトは電子レンジなどでカラカラに乾燥させておいたのかもしれない。他のポテトは、不衛生な店で水分が多く含まれる、カットの大きいポテトを買ってきたのかもしれない。

 アメリカはそもそも乾燥しているので、ポテトがカビる事自体おかしいのかも知れない。あの程度の結果は、細工をすれば簡単に導き出せるのだ。そんなものを簡単に信じてはならないだろう。

 最初の頃にも書いたが、フライドポテトは揚げるまで冷凍されている。そして、それを揚げてすぐに客に提供する。時間が経てば廃棄になる。ここで、保存料を使う意味が果たしてあるだろうか。保存食でもないのに、マクドナルドというコストに厳しい会社が保存料という有料の資材を使う事は、普通に考えて無いだろう。マックフライポテトがカビにくいのは、高温の油で揚げて殺菌され、しかも含有水分量が少ないためである。

つまり、マックフライポテトはもともとカビが生えにくい食べ物なのだ。

 マックフライポテトに限らず、フライドポテトはカビが生えにくいのだ。それでも、日本の湿気においては4日でカビが生えてしまう。スパーロックもまさか太平洋の反対側で自分のパフォーマンスをいちいち試していちゃもん付けるバカがいるとは思わなかったろうが、あの実験はすべてインチキと言って問題ないだろう。

と言う事で、結論です。

結論:
 スパーロックの実験は、マック生活もポテトの実験も、すべてインチキと思われる。あんなもんを信じるくらいなら新興宗教でも信じておきなさい。

以上です。
[PR]
by potato60days | 2006-08-18 12:18 | まとめ。
<< 30日間マクドナルド生活 Ver 2 59日目。写真全部載せ。 >>